[設置の趣旨] [主要業務] [研究分野] [センター組織図] [施設設備] [センター所在地] [センター棟外観] [センター棟平面図]

設置の趣旨
 科学技術の急速な進歩発展に伴い、大学には産業界等社会の各方面から研究開発や具体的な諸問題の解決など多様な期待と要請が寄せられています。 信州大学は教育・学術研究の本来の使命と特色を踏まえながら、研究協力の全学的な推進を図り、かかる社会の要請に応えるため、平成5年4月1日に「地域共同研究センター」を設置いたしました。
 本センターは、大学が地域社会や民間企業等と連携し、共同研究の推進や技術相談、人材育成などを通じて社会との交流を深め、また優れた研究成果が生まれることを推進するための拠点でもあります。
 開かれた大学、また 地域貢献のための役割の一翼を担うと共に、大学における教育研究にも参画して、活発に事業を展開してまいります。
>>ページトップ

主要業務
●外部機関との共同研究及び受託研究に関すること
●外部機関の技術者に対する高度の科学技術教育及び研修に関すること
●外部機関からの科学技術相談に関すること
●学内及び他大学との共同研究に関すること
●学生に対する応用教育及び研究指導に関すること
●外部機関に対する学術情報の提供に関すること
●外国人研究者等との学術研究交流に関すること
●その他前条の目的を達成するために必要な業務に関すること
>>ページトップ

研究分野
 センターでは、下記の研究領域を重点に共同研究の推進を行っております。
 また、地域社会や民間機関等からの研究・開発に対する要請に柔軟に対応できるよう全学的協力の下で分野を限定しない共同研究も積極的に推進いたします。

●ナノテクノロジー・材料
●情報通信
●環境
●エネルギー
●製造技術
●社会基盤
●フロンティア
>>ページトップ

センター組織
 スタッフ 運営委員 
 センター長  センター長
 客員教授  人文学部委員
 技術職員  教育学部委員
 事務職員  経済学部委員
   理学部委員
   医学部委員
   工学部委員
   農学部委員
   繊維学部委員
   SVBL委員
   研究推進部委員
   工学部事務部委員
>>ページトップ

施設設備
電界放射型電子顕微鏡(FE−SEM S-4100)
電界放出形走査電子顕微鏡(FE−SEM SU8000)
オートグラフ
デジタル顕微鏡システム
熱分析装置(TMA)
熱分析装置(DTG)
微小硬度計
●液体窒素発生装置
X線回折装置(XRD)
電気物性測定システム
>>ページトップ

センター所在地
 【 所在地 】
信州大学地域共同研究センター
〒380-8553 長野県長野市若里4丁目17番1号
TEL 026-269-5620 FAX 026-269-5630

 【 アクセスガイド】
(1) JR長野駅善光寺口を出て駅から川中島バス【21】日赤経由大塚南行,松岡行,サンマリーン行,ビッグハット行(時刻表)
   に乗車し、「信大工学部前」下車、徒歩5分。
(2) JR長野駅東口から長野電鉄バス【長野-14】保科温泉線 (時刻表)【長野-15】日赤檀田線 (時刻表)”に乗車し、
   「信大工学部前」下車、徒歩1分。
(3) JR長野駅東口から、徒歩20分。


 【信州大学工学部 所在地


大きな地図で見る

 【工学部キャンパスマップ 】


>>ページトップ

センター棟外観
>>ページトップ

センター棟平面図

 当センターの研修室をご利用いただいております。
 ご利用に際しては、事前にご連絡の上、使用条件・注意事項を厳守していただきますようお願い申し上げます。
>>ページトップ

研修室 情報処理室(TV会議室) 実験室(3)


談話コーナー 実験室(1) 玄関ホール・展示コーナー 実験室(2)